3学期から子どもの水筒を小さめのに変えました。


e0363147_17085281.jpg

昨年の12月、学校ももう終わろうという頃。

娘が、「水筒もっと小さくていい。冬はあんまりお茶飲まんけん。」

私「ん?これ以上小さいのにするの? ・・・」

遠方のたまたま立ち寄ったスーパーで見つけた小さめボトル。
ペールブルーの色が娘も私も気に入って、購入。

よかったので、後からすぐに、この春小学生になる息子にもマットなブラックを。

実容量が、380ml程度。
ピーコックの直飲みボトルで、保温と保冷が両方OKのもの。



e0363147_17090259.jpg

今までは、500mlの保冷専用ものを使っていました。(過去記事「水筒の乾かしながら収納」の写真です)


モノはたくさん持ちたくないので、「大は小を兼ねる」が信条だった私。

(この水筒、「大」というほど大きくもないのですが(笑))


フライパンは28cmのたった1つで、大は小を兼ねています。他にも色々。

ですが、この水筒だけは、早く小さめを買えばよかったな~と、今さらながら。


理由はもちろん、

・軽い!
・コンパクト!
・タッパ(高さ)が低いので、倒れにくい!

・洗いやすい!


容量を500mlから約400mlに20%減らしたことで、

重さは、70g減で、約26%も減り、
高さは、5.8cm減で、約24%も減りました!!



この減り具合、コンパクト化による、使いやすさ、便利さは、半端ないです。

毎日、水筒2つですからね。私の気持ちまで、かなり軽くなりました(笑)


フタをとった注ぎ口までの高さも4.8cmも小さくなり、
菜箸とスポンジでのボトル洗いが、ほんとに洗いやすく、ラクになりました◎


小学生の月曜日は、上靴に体操服、そして、たまに絵具セットや習字道具などが重なることもあり、荷物が本当に多くて重いです。

ランドセルだけでも、5kg近くあり、大人が持ってもズシリと重い!(腰痛になる小学生が増えていると先日TVで言っていました。)

自己申告の前に、早く、替えてあげればよかったな~なんて反省。



今年の冬は特に寒いので、あたたかい麦茶を、水筒半分(200mlくらい)持たせています。
結構、保温が効いて、帰宅後もまだ少し温かく、ビックリです。


よくよく考えたら、子どもの水筒は毎日使うので、使用頻度がものすごく高いもの。

「軽さ」と「洗いやすさ」は、毎日実感できます!!

季節に合わせて、飲むお茶の量も変わるのだから、11月くらいから4月くらいまでの半年間は、
できるだけ軽くてコンパクトな小さめ水筒に使い分けたいと思います。

休日使いにも、持ち運びが軽く、車のドリンクホルダーにも水筒ホルダーごと入り、ちょうどよい高さ。

最近気づいたON、OFF使える「子どもの小さめ水筒」、かなり、おススメです。(今頃気づいたの?という方も多いでしょうね(笑))


それでは、また。
どうぞよい週末を~。















[PR]
# by itorabo | 2018-02-23 19:00 | 働くママ | Comments(0)

■今年のバレンタイン


今年も娘とチョコレートを手づくりしました//


e0363147_21132368.jpg

いぬ年のバレンタイン

こんなかわいいラッピングケースを見つけ、年明け早々に購入。
ですが、3連休、めいっぱい遊んでしまったので、チョコレートづくりができず・・

14日の夜ごはんの後、「ごめん、今年はできなかったね~」と娘をなだめると、

「今から作る!!」とあきらめない娘。


夜8時半から製作開始!


e0363147_21133121.jpg

年長の息子も一緒に楽しみました。(真ん中のよつ葉のクローバーは息子作です)


今年は少しやり方を変え、電子レンジでお手軽に
寝る時間が迫っており、何せ時間がなかったので(笑)

細かく割った板チョコ1枚、ラップをしないで、1分20~30秒くらい。
少し形が残った状態で、取り出してすぐにスプーンで混ぜてなめらかになりました。

湯せんで溶かしていた昨年までの苦労がうそのよう。

娘も、サクサク作っていました。友チョコ、いとこに、家族に。


e0363147_21134283.jpg

ラッピング、あげる人のイメージに合うリボンの色を決めるのが楽しそうでした。


e0363147_21135076.jpg

メッセージカードも気持ちを込めて書いていましたよ。パジャマで(笑)

手づくりすること自体より、こんな手書きのメッセージに自分の思いを書くことが大切なのかな~と。


1日遅れで、今日、友達やいとこに渡して、喜んでもらえたようです。

で、

「ママ、私のチョコづくりに付き合ってくれてありがとう!」と今日娘から。(ウルウル。)

かなりドロナワというか、後手後手のバレンタインでしたが、

娘には、あきらめない!ということを教わりました(笑)


私から夫へは、

e0363147_21141169.jpg


福岡でずっと暮らしている私なのですが、なんとなんと初の「チョコレートショップの生チョコレート」

店舗で、1粒1粒選ぶのとても楽しかった~(あっという間に食べちゃって、中身の写真がない💦)

甘いものにはウルサイ夫もうなるほど。

極上のとろけるシアワセ。(また自分用に買いに行こうっと!)



息子へは、カルディのコレ。

e0363147_21142129.jpg

ドライいちごが丸ごと入ったチョコレート。
酸味と甘みがマッチしておいしかったです。

サクラパンダもかわいいでしょ。


そして、自分へは、同じくカルディの。


e0363147_21144300.jpg

家で仕事をすることが多いので、休憩用の置き菓子です(笑)



娘とチョコレートを作るのも、あと2回くらい?かな~
今年もギリギリでしたが、一緒に手づくりできてよかったです。


それでは、また。

どうぞよい週末を~。














[PR]
# by itorabo | 2018-02-15 22:00 | 働くママ | Comments(2)
今日は一層冷えましたね。
福岡の今日は、雪が舞い、視界が悪いな~と思いながら、運転しました。

さて、おとといの節分、豆まき、されましたか?

e0363147_17530294.jpg

今年は休日に当たったので、わが家は昼間は目一杯おでかけ。

「節分どうするの?」との夫の問いに、

「・・・」

完全にノープランだった私。

準備も全くしていなかったので、おでかけの帰りに夕方スーパーに寄って買い出し。


e0363147_17525007.jpg

できた材料をすべて買ってきて、なんとか今年も、恵方巻をつくれました。

売ってる恵方巻に、何度もなびきそうになったのですが、今年は夫も一緒の家族で節分なので、やるか!とバタバタ買い物。

6時半に帰宅し、7時に食べ始めることができました。


私がテーブルに材料をセッティングしている間に、なんとなんと夫が、ダシ巻き卵ならぬ「卵焼き」を作ってくれました//
(作るものはこれしかないのに、私ったら甘えました。)


今年はサーモンにとんかつ、そしてサバ。
マグロは、かなりいいお値段だったので(笑)

昨年の記事には、マグロとエビフライが。今年は少しエコノミーな感じにあいなりました。


今は野菜が、ものすごく高いので、サラダカップを利用。
でもキュウリは、巻きずしにはいるよね?と入れましたよ。1本100円近くする高級キュウリを(笑)


e0363147_17523368.jpg

そして、きんぴらごぼうが、いい役目をしますね。

見た目はこんなんですが、

自分で好きな材料をトッピングして、好きに作った太巻きは、やっぱり本当においしいです!!

そして何より、家族みんなで作りながら、話ながらすぐに食べるって、これほどおいしいものはないですね。


ただ、具のアレンジが何通りもできるので、次これ作ろう!と「スマキ」待ちの状態になるので、
来年は人数分の「スマキ」を準備しておこうと思いました。




e0363147_18145803.jpg


子どもが作ったとんかつ巻き。

これが、意外とシンプルで美味しかったです。


今年は、南南東!

一気に食べることができす、やっぱりしゃべってしまい、子どもからダメ出しを受けながらいただきました(笑)



そして、今年の豆まきは、


e0363147_17522172.jpg


「鬼は外~」用に、煎り大豆。
「福は内~」用に、お豆のバラエティパックを。


後から食べきってしまえる、美味しいお豆がいいのでね。

お掃除は、全く不要で主婦にやさしい◎



幼稚園で作った豆箱を持って、外に向かって、大きな声で力一杯、たくさんのマメを撒いた息子。

翌朝、「マメがなくなっとうよ!」

カラスかスズメかな?



e0363147_17530294.jpg


幼稚園で作ってきた「わんぱく青おに」

最後の作品なので、しばらく飾っておこうと思います。


わが家らしい節分。
毎年趣向を変えて、手間はかけずに楽しめる方法で、続けていけたらな~と思います。


それでは、また。










[PR]
# by itorabo | 2018-02-05 19:00 | 働くママ | Comments(0)

■好きな音楽の効用

e0363147_20193524.jpg

ここ1週間、ドキドキとワクワクがとまりません。

それは、先週末に行ったコンサートの後から。

e0363147_20194680.jpg

18年ぶりに雅楽(ががく)の大家「東儀秀樹さん」のコンサートに行ってきました//

年末に自分へのご褒美にチケットを買っていたのです。


とにかく音楽も東儀さんもトークも素敵すぎて、コンサートのあいだ中、終始鳥肌を立て、涙ぽろぽろ流しながら聴きました。

独身の頃、アクロス福岡のシンフォニーホールに会社の女性の先輩と行って鳥肌が立ち、泣きながら聴きファンになりました。

あれから18年。

色々あり、生活も価値観も変わったはずなのに、音楽を聴く心とファンであることは変わっていなかったみたいです。


コンサートで買ったCDを紹介させてください!

「HICHIRIKI CAFE」

e0363147_20195613.jpg

「アルフィー」
最高!!

「She」もすごくいい。あえて選ぶなら。

全部いい曲です。

東儀さんの「ひちりき」の手にかかれば、洋楽もこんなに別の色をもつ曲に変わるんだ!と感動させてくれます。

特にこの2曲は、原曲と音域がちょうど、「ひちりき」の音に合っていて、響きがとても綺麗で美しいです。



「日本の歌」


e0363147_20200677.jpg


子どもに聴かせたいな~
と思って買いました。

「さくらさくら」、「赤とんぼ」、「もみじ」の3曲が小学4年生の娘の音楽の教科書に出ていて、他もなじみの曲ばかり。

これも選べないほどですが、
あえて言うなら「浜辺の歌」が好き。

今は母にレンタル中です。


あまりにもこの2枚がよくて、

e0363147_20201707.jpg


帰ってから、ネットで買ったもう1枚。

「世界の歌」

これも世界の名曲が勢ぞろいで、3枚のアルバムの中で1番好きなアルバムかも。

「Jupiter」、「Moon River」が素敵。


こんなとき、音楽のよさをうまく言葉で表現できたらいいのにな~。リケジョの悲しいところです。

とにかく聴いて、感じてみて下さい。
気に入らなかったら私が全額返金します!と言いたいくらい。おススメです。

車の運転をしながら、仕事をしながら、ブログを書きながら、東儀さんの音楽が聴けてとてもシアワセ。

なんだか、昔かかった「○○のやまい」のようなフワフワしたような、ドキドキでワクワクするようなそんな毎日を過ごしています。

私にとっては、単なる「癒し」の一言では言いきれないような、そんな音楽。

東儀さんのトークに出てきた雅楽器のことも、「ひちりき」が流れている源氏物語の一節も、深く知りたくなりました。
また、勉強したいことが増えたな~

住まいの中にも、リビングに音響スピーカー入れたいな~なんて希望も密かに。


みなさまにとって、暮らしを変える好きな音楽はなんですか。

それでは、また。
よい週末を~。















[PR]
# by itorabo | 2018-02-02 22:00 | 働くママ | Comments(0)
2月に入りました!
1月の「行く」速さといったら。年々加速しているように思われます。
今年は、息子が熱で結局1週間幼稚園をお休みしたりで、なんだかやりたいことが片づけきれてないまま2月に突入です。

みなさまは、いかがでしょうか。

さて今日は、前回の記事「働くママの//スケジュールカレンダー」の続編です。

e0363147_10094508.jpg


e0363147_10095492.jpg

今年初の試みとして、実は、スケジュールカレンダーの隣に写っているコレ。

「夫のおかえりボード」を導入したのです。




会社には、たぶん必ずあるはずのコレ

・行先
・帰社時刻


を記入するボード。

これを家で導入しようと思ったのは、
「私、見通しが立たないまま、その場しのぎで、バタバタ家事や育児をしてない?」と思ったから。

息子には、自分が今からする行動の見通しが立てられるよう「朝のお仕度ボード」をつくり、成功しています。(過去記事)

息子が朝ならば、私は、仕事から帰宅後(終了後)の夕方や休日。


私の行動の見通しを立てるためのボード。


私が知りたい夫の予定。

平日の場合、
・今日は、夕ごはんはいる?
・今日は、子どもをお風呂に入れてくれる?
・バトンタッチで私が夕方から仕事やPTAで出かける場合、何時に帰り着く?
・休日出勤や泊まりの出張で、私のワンオペレーションはいつ?


予定は未定であり、取引先や上司からの急な依頼や同僚や部下の突発的なトラブルのサポート、おつきあいなど、予定どおりに帰れる日ばかりでないことは、私もサラリーマンを長くしましたので、重々承知してます。

私は、子どもを決まった時刻に保育園に迎えに行かなければならなかったので、なるべくお客さまや上司や同僚に迷惑をかけないように、様々なことを想定し、事前の段取りや根回しをしていました。

男性であること、立場。ムリを言うわけではありません。

でも、分担できる見通しが立てられるか否かで、私の気分はずいぶんと違ってくるのです。


「夫はあてにしないことにしている。頼らず自分でできる」という方は、ほんとスゴイな~と思います。尊敬します。

ですが、あえて私はあてにしようと思います。



夫用に作ったボードですが、貼ったその日に娘が見つけ、「私も書く~!!」

そっか、正解!

娘も小学校の帰宅時間がイレギュラーになることも多く、習い事の迎えの時間とか、給食なしで帰ってくる「昼ごはんがいる日」とか。

翌週の時間割をもらった時点で、まとめて書いてくれるので、予定が立てやすく、娘のデスクのところまで時間割を見に行かなくてもよくなったので、かなり便利に。


e0363147_10100302.jpg

夫と娘と2分割にしました。(4月からは息子の分も加わるので、3分割にする予定。)

夫が予定より早く帰って来た時は、「わー早いね!!助かるよ~!!」と必ず声をかけ、
一目散にボードを修正に行き、キラキラをつけることを怠らない私(笑)

(翌朝書く時に、もう一回、がんばったね!って褒められた気がしないかな~なんて。)



e0363147_10101276.jpg

ずいぶん前に、夕ご飯がいらないことを、夕ナシ(ゆうなし)と夫がカレンダーに書いたのを、娘が「たなし」と読んだことから、
わが家では「今日は、たなし!」「わかった。たなしね。」で会話(笑)

でもちゃんと書いとかないと、仕事やすること、考えること色々あるので、夕方には忘れちゃうんですよね。

なので、

・帰宅時刻
・たなし(夕ご飯不要)
・休日出勤・泊まりの出張



すべて見える化して、もらっています。
行先はいりません。会社だから(笑)

(計画時は、長さがちょうどよかったマグネット。とんだ誤算💦)


このボード、ダイソーで、全部で600円。

枠がなく日付を書くところからだと、消えてしまったり、続かないので、これは本当に便利!

(今使わない数字や赤ペンなどは、近くの冷蔵庫に貼って、スタンバイ。)
(ペンとメラミンスポンジには、小さい強力マグネットを仕込んでいます。)

e0363147_10094508.jpg

ただ、残念なことに、4すみが黒いので、白い油性ペンで塗りました。


e0363147_10095492.jpg

あともう一つ問題が。

この場所、左がリビングのドアなので、お客さまが帰るとき、スケジュールから帰宅時刻まで全て見えてしまうこと。
これは、恥ずかしい💦



e0363147_10102107.jpg

なので、来客時だけ、ひっくり返して、何もなかったように装います(笑)
表は、実用的にびっしりですが、裏は涼し気な顔。

どこかに貼ろうと思っていた「サグラダファミリア」の昨年のカレンダーを裏張りしてみました。
カレンダーの気配だけ、完全に残りました(笑)

写真や子どもの書いた絵を貼るのもいいかもしれませんね。



毎度のこと、長くなりました。

最後に、おかえりボードに込めた私の願い

男性は特に、年齢が上がるにつれ、責任も増し、仕事だけになり、残業も多くなりがち。

自分で決めた帰宅時刻の目標を毎日つくることで、集中して仕事もできますし、家のこと、家族のことを、少しだけ頭において、意識をするということが、大切だと思うのです。

家族との時間、生活する時間をまずは確保するところから。
そこで得られる経験や気づきって、きっとどんな仕事であっても、必ず仕事に還元できると思っています。

私自身も、そうできるよう暮らしているつもり。

「働くこと」と「暮らすこと」を分離せず、つなげて活かしていくような感じ。

ということを、長々と語り、夫からこのボード導入の了承を得た次第です。

(飲み会で、女性社員との会話や共感が増え、モテ始めたらしいです(笑)
そこですか!って感じですが、長い目で見て行こうと思います。)

わが家もまだ、実験的ですが、今のところ、うまく続いています。

スケジュールカレンダーと並べることがポイントです。


それでは、また。





















[PR]
# by itorabo | 2018-02-01 13:00 | 働くママ | Comments(0)
寒くなりましたね。

昨日の朝、息子が急に高熱がでて、昨日、今日と家で息子をみながら、ゆっくり仕事をしています。

インフルエンザが流行っていますが、2回検査しても反応が出ず、熱も下がったので、明日から登園できそうです。
お子さんがインフルエンザにかかってしまった方もたくさんいらっしゃると思います。どうぞお大事になさってください。

さて、今日はスケジュールカレンダーの話。

e0363147_15155034.jpg

共働きで、2人の子どもがいるわが家。

小学校・幼稚園・地域の行事、幼稚園のお弁当、そして習い事、夫の休日出勤や出張、私の外勤、おつきあい、レジャーの予定など。
家族みんなで情報を共有するためのスケジュールカレンダーは必須。

特に、私の帰宅時間が遅くなる日は、幼稚園や習い事のお迎えを早めに夫に予約しておく必要があるので、手帳だけではなく、カレンダーでスケジュールを見える化することは、働くママである私の重要な段取りの1つ。


e0363147_15145520.jpg

ダイニング横の娘のカウンターデスクの前に貼って、書き込んでいました。


娘が、学校からもらったプリントなどを見て、参観日などの行事や習い事、レジャーも書き込んでくれていたので、助かっていたのですが、

昨年の9月頃から娘が個室に移って、息子のデスクになり、それが全く機能しなくなり、私が全て記入するには無理があり、娘の個室からも遠いので、娘もなかなか書き込みもしなくなってしまいました。

保険会社から毎年いただく、お花のカレンダー。(過去記事「スピーマコットンのYシャツ」にチラッと写っているコレです)

インテリアとしても素敵なので、気に入っていましたが、やはりスケジュール管理が滞っては、スケジュールカレンダーとして機能しません。


予定や時間の取りこぼしもあったりしたので、

今年は、カレンダーと貼る場所を変えてみました!!

e0363147_17502104.jpg


リビングのドアと洗面脱衣室のドアの間の壁に設置しました。

ここは、家族が一番通る場所。

なので、通りすがりにスケジュールを確認することができ、娘の部屋からも近いので、これまで娘が書いてくれていた学校行事などの予定も再び書いてくれるようになりました。

家族みんなが自分のスケジュールを書きやすく、他の家族や共通のスケジュールの確認がしやすい、最適な場所でした

そしてもうひとつ、うれしかったことが。

それは、家族のコミュニケーションが増えたこと

夫がよく見るようになったので、

「今日は、○○は、○○があるんだね~。がんばるんだぞ~」とか、
「今日は外勤なんだ。じゃあ少し早めに帰っきて、子どもを風呂入れるか。」とか。

予定を記入した娘が、
「お母さん、○日に社会科見学があるので、お弁当がいりま~す。書いといたよ。」とか。一例ですが。


このカレンダーは、セリアのもの。
40cm×60cmと特大で、文字も大きく実用的。

以前勤めていた会社でも、事務室にこんなのが貼ってありました。ほんと業務用。

ですが、これが本当に書き込みがしやすい!


e0363147_15150499.jpg

1日の書き込める枠が、6cm×6cmほどあるのです!

本当に使いやすいカレンダー。
ですが、カレンダーは12月までと相場は決まっています。

以前、「2018年の手帳」の記事にも書いたのですが、私は年度計画を書き込みたいので、来年の1月~3月が必要。

なので、作りました。


e0363147_15151398.jpg

使わなかったカレンダーを利用して、曜日の並びが同じものの祝日の名前を修正テープで消して、A4白黒コピーしたもの。
これで、4月には子ども2人の書き込みができます。(あっ1月は31日。手書き手書き。)


そして、カレンダーといえば、ペン。

以前は娘のデスクの前だったので、ペンには困らなかったのですが、今回は廊下。

カレンダー専用のペンをココにおいておかねば!と、

e0363147_15155034.jpg


ダイソーの4色ボールペン
を、押しピンにひっかけています。ま~便利!

ひもなどでつなぎとめておくより、取り外せる方が、自由がきいてやっぱり書きやすいです。

でも、もし別の場所に持って行ってしまっても、ここに戻せるように、


e0363147_15152301.jpg


所属を書いてみました(笑)

(リビングで使う文具は、わが家は「赤」。もうひとつ便利な「赤」が追加されました。(過去記事「見つけやすいのは赤」)



スケジュールカレンダー、

見た目をとりますか?それとも実用性をとりますか?

私は断然、実用性!
ま~なんでもっと早くに。今年初の目からウロコかも知れません。

そして、貼る場所は、
家族みんなで記入とスケジュール管理、情報共有がしやすい、よく通る廊下に貼ったことがわが家の正解でした。



キッチン周りって意外と壁が少なくなりがち。
こんなデカいスケジュールカレンダーも貼れる壁。
間取りや動線と合わせて結構重要!
と気づきのあった新年です。

共働きのママは特に忙しい!
自分ひとりでスケジュール管理をがんばらなくても、私のように、家族みんなに任せるのも手ですよ(笑)

みんなで、暮らしを回していく。家族に関心をもって。


それでは、また。











[PR]
# by itorabo | 2018-01-23 17:30 | 働くママ | Comments(0)
仕事初めから1週間が経ちました。
プレゼン資料作りや次年度の仕事の準備をしながら、年末に終わらなかったデスク周りの整理も、毎日少しづつしています。

子どもたちも新学期が始まって1週間、リズムも戻ってきたところです。

さて、今日は子どもの給食セットとハンカチの収納について。

e0363147_16265180.jpg


わが家は、脱衣室の洗濯機横の収納キャビネットに収納しています。

子どもの給食セットとハンカチは、小学生と幼稚園生、それぞれに収納する場所が違って、なんだか複雑で面倒だな~と以前から思っていたのです。

試行錯誤の末、昨年9月頃からココに落ち着きました。


e0363147_16270266.jpg


タオル類として、一式ここに収めてしまいました!!

・給食セット(ナフキン入り)
・ハンカチ
・ティッシュ
・マスク
・手拭きタオル(幼稚園児のみ)


なぜここに収納したかというと、


e0363147_16271178.jpg


洗濯物を出したその手で、次の日の支度をしてもらおう!という、「自分で支度ができる仕組みづくり」の一環。

下の段が、今日使ったものを入れてもらう引き出しになっています。

引き出しを開けた時に見える、小口(こぐち)にマステの手書きラベルを貼っています。

年長の息子も、コレを読んで、制服などの脱いだ服ともちゃんと仕分けして入れることができています。



e0363147_16275353.jpg


お箸や歯ブラシ(スペアで3セット)は、引き出しの一番手前にこのように。

洗い上ったナフキンとはタイミングがずれるので、キッチンで洗ったものは、個別に立てられるようにしています。

ここでも、キッチンと洗面脱衣室が一直線は、お助けマンです(笑)(過去記事、家づくりカテゴリー「共働きのお助け間取り」)

ナフキンが入った給食袋に子どもに自分で入れてもらっています。


e0363147_16270266.jpg


この収納キャビネットは、IKEAのMALMというシリーズ

ガバッとすべてが見える横長の比較的浅い引き出しと、子どもが取り出しやすい高さが気に入って選びました。

子どもも取り出しやすいし、私が洗濯後にしまう場合も、タオルと一緒に一気にしまえるので、本当にラクです(笑)

e0363147_16280363.jpg

お箸や歯ブラシの他にも、名前ペンや糸切りばさみを入れています。

新しく買ってきたものの水通しをする前にここでタグを切ったり、タオルなどの糸のほつれを整えるのに、新しく買ったものや消えかかったものに名前を書くのに、気づいたときにすぐにできる!!

時間がない働くママは特に、ここにコレがあると本当に便利です。

私ができない人なのではなく、道具がそこにないから時間がない私は、できなかっただけなのです(開き直り(笑))


e0363147_16282073.jpg


横に少しだけ寝てくれるセリアのもの。

直立で立っているより、逆にパッとつかみやすいです。

「収納は、収納方法や収納グッズより、収納する場所と高さが肝!」だと常々考えている私。

ですが、この製品は、収納したい場所にちゃんと収納したいものを収め、取り出しやすくしてくれる優れた収納グッズなのです。
(別の場所でも、ペン立てとして使っています)

浅い引き出しに長物を収めたいときは、是非これを使ってみてください。


子どもの身支度、ハンカチとセットといえば、名札。

e0363147_16311039.jpg

名札は絶対に見えるところですよね。

そして「名札は洋服の近くに収納」が、わが家は正解!

反対側には、子どもの洋服をハンガー収納しているので、着替えたその勢いで名札をつけることができています。
もし忘れても、洗面所なので誰かがすぐに気づくので、それも便利。



ナフキンは、年長の息子はその日の夕方、娘は次の日の朝、取り替えています。

「娘になんで夕方にせんと?」と聞いてみると、

「朝着替えをする時に、前日のナフキンとハンカチを脱衣室に持って行って、着替えて、名札をつけて、新しいハンカチとナフキンを取る方が一気に終わるでしょ!」だって。

娘の方が、一枚うわてでした(笑)



今日の記事は、

家づくり」カテゴリーの「共働きの家(洗濯動線-1)」、「共働きの家(洗濯動線-2)」

「住」カテゴリーの「幼稚園児の身支度コーナー」、「子ども用デスクの片づけ」も

併せて読んでいただくと、わかりやすいと思います。(洗濯物の考え方、給食セット、ハンカチ置き場の変遷を書いています)


子どもが服を脱いだ場所で着替えられるよう脱衣室に収納するのと同じように、ナフキンやハンカチをすぐに取り替えられるように脱衣室に。

子どもが自分で支度ができる仕組みにすることで、忙しいママも、洗濯物をしまうのがもっとラクになり、確実に動く歩数とストレスが減るのです!!

たかがナフキンやハンカチと思わずに、家づくりをこれからされる方、収納の見直しをされている方、脱衣室は大事な場所なので、
広さや収納方法、じっくり検討してくださいね。


それでは、また。









[PR]
# by itorabo | 2018-01-17 19:30 | 働くママ | Comments(0)
週末に、オーダーノートを作りました。

文具好きで、ノート好きの私。
ですが、ノートをオーダーで作るのは、人生初!!

新年早々、テンション上がりまくりです(笑)


e0363147_14093462.jpg

e0363147_14094398.jpg

作ったのは、文具メーカー、ハイタイドの直営ショップ「HIGHTIDE STORE(ハイタイドストア)」

福岡本社の福岡市中央区白金に、昨年2月にオープンしたショップ。

東京のカキモリ監修のノートを、選んで作って、すぐに持ち帰ることができます。


e0363147_14095136.jpg

こんなたくさんの中から、表紙や裏表紙、ノートの中身を選べます。
ノートの使い道と、好きなイメージがはっきりと決まっていた私は、割とパパッとセレクト。

でも、ま~これが、自分好みで選べるので、本当に楽しかったです。


中身は、横罫線、縦罫線、方眼の他、カレンダーやスケジュール系、ショップリストや読書感想など、さまざま。


e0363147_14100021.jpg

リングや留め具を選ぶのも楽しい!!


e0363147_14101057.jpg


こんなラベルを貼ることもできます。

通常は20分ほどだそうですが、この日は待ちもなく、10分くらいですぐにノートが出来上がりました。



ちなみに店内は、こんな感じ。


e0363147_14102200.jpg

文具好きにはたまらない空間。

ネットショッピングにはない、肌で感じるワクワク感やドキドキ感のある楽しさ。
買い物の醍醐味ですね。

本社社屋の1階に、以前倉庫だったスペースをリノベーションして作ったというショップ。
内装もオシャレかっこよく、天井材を張っていない、「現し」。
照明などの配管も露出。最近は、こういった倉庫風が流行っていますね。

レジカウンター周りの、OSBボードもいい感じでした。


e0363147_14103290.jpg

ノートの他には、1秒で決めた、パンダのペン(書く時に、筆圧で手足が動くんです◎今年はやっぱりシャンシャン!)と、
このノート用に、スケッチも文字もすごく滑らかに書けるパイロットのVコーンを。


e0363147_14104393.jpg


ノートは、ハイタイドの布のバッグに入れてもらえるので、贈り物にもよさそうです。


私は、方眼で横使いの小さめサイズを選びました。

e0363147_14105592.jpg


仕事のバッグにもコンパクトに収まるサイズなので、持ち歩いて、思いついた時に、じゃんじゃんアイデアを書いていきたいと思います。

早速、今年一番の、仕事や暮らしのアイデアをメモしました。


先日、記事にもしましたが、青がマイカラー。
紙やペンなどの書き心地にもこだわった、マイカラーで作ったノート。

手に持つたびに、書くたびに、いいえ、デスクに置いておくだけでも、嬉しくなります。


仕事や暮らしが楽しくなる私だけのノートが作れる、心ときめく文具に出会える「HIGHTIDE STORE」。

福岡の方は是非、行ってみてください。おススメです。


今年を始める1冊を作ってみませんか?



それでは、また。




[PR]
# by itorabo | 2018-01-15 16:00 | 働くママ | Comments(0)
あけましておめでとうございます

今年も、「働くこと」と「暮らすこと」の実体験と研究を通して、
どうしたら「働くこと」も「暮らすこと」もどちらもあきらめないで、私らしく楽しむことができるのか。

そのための住まいのカタチ、そして私が感じる思いを発信していきたいと思いますので、

当ブログ「働くことと暮らすこと」、そして「イトラボ」を、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


e0363147_12500883.jpg


今年の書き初めは、「出発」


娘の冬休みの宿題を見ながら、いっちょ書いてみるか!と1枚だけ書いたもの。

書き初めをするのは、20年以上ぶり。いやもっと。


「今年は、何か新しいことを始めたい!」と思っていたので、

仕事では、やったことのない分野にも挑戦しよう!と意気込んでおり、そして、暮らしの中では、コレ!!
「書道」を始めたいな~と思います。

学業、仕事、そして結婚と育児。
ずーっと、ずーっと離れていた書道を再開します!(宣言しちゃった💦)


そして、先日の連休、遅ればせながらの初詣。

e0363147_12493497.jpg

都市高速を飛ばして、行ってきました。

この風景は、都市高速から見える博多湾。私の大好きな景色。(※助手席から)

うす曇りだったのですが、右に志賀島、左に能古島がキレイに見えました。少し後光がさして淡い淡いニュアンスのブルー。
福岡に暮らしていてよかったな~と思う瞬間でもあります。

晴れた時は、もっと青くて、スカッとくっきり島が見え、心が洗われる景色。何でもできそう!と思わせてくれるような、伸びやかな博多湾の景色。
何度この景色に助けられたかわかりません。

上の娘がおなかにいる時、産休に入るまで、仕事でこの都市高を運転しながら、
「今日は、くっきり見えてきれいだよ~。見える~?」とおなかに話しかけていました。

そんな妊婦時代の思い出も、娘に話しながらのドライブ。


e0363147_12494370.jpg

行った先は、世界遺産に認定されたことで、今ホットな場所、「宗像(むなかた)」の宗像大社。

仕事でよく通った宗像は、私にとって、とても縁があり、よく知っている町。
福岡市から1時間以上の距離ですが、遠くても、プライベートで行きたくなるのはそのせいかも知れません。

過去に自分が関わった建物や、残念ながらご縁がなかった敷地なども、帰り道で見ることができ、その時にがんばっていた自分や当時の思いも一瞬でよみがえり、忘れかけたものを取り戻した気持ちでした。



書き初め、そして初詣で感じたこと。

今年は、自分をもっと掘り下げ、深めていきたい。

過去の自分が積み重なって、今の自分がいる。更に私らしさを追求しながら、柔軟に新しい私のカタチを作っていきたいと、強く強く感じた新年の「出発」でした。

それでは、また。








[PR]
# by itorabo | 2018-01-10 14:30 | 働くママ | Comments(0)
今年も残りあとわずか。

12月に入って舞い込んだ仕事の打ち合わせと書類の提出を終え、25日が仕事納めでした。

今年は大きな仕事もさせていただき、充実した1年でした。ありがとうございました。

年末の家仕事はというと、11月中に窓掃除とお風呂の大掃除を終わらせており、残る換気扇の掃除はあきらめ、年賀状は縮小化して出すと決めたら、スッーっと気持ちがラクになりました。

さて今日は、ずーっと気になっていた暮らしの中の「2つの小さな改善」について。

e0363147_19034656.jpg

1つ目は、ドライヤーストレスがゼロになりました。


わが家はドライヤーをリビングでかけるのですが、毎日のことなので、コンセントがなんとかならないものかと思いつつ、毎日抜き差し。

コンセントに挿したままだと、収納の中でスイッチがもし入ってしまったら危険。

でも抜き差しは面倒。コンセントに挿したままにしたい!!とずーっとずーっと思っていました。

12月に入って、ダイソーで見つけたこの1くちコンセントタップ。
これがとてもいい仕事をします。

e0363147_19040035.jpg

コンセントに挿したままなので、劇的にラクになりました//


入りのランプがつくので、わかりやすいし、節電にもなります。

差し込んだり、引っ張ったりするのと違って、スイッチは力がいらないので、やり方を教えると、子どもも簡単にできています。

e0363147_19041127.jpg

こんな感じでドライヤーが収まっています。
なんてズボラな(笑)

このかごの中には、保湿クリームなどのお手入れグッズも入れています。

チラッと見えている黒いものが、コロコロ。

この場所でドライヤーをかけるので、すぐにパパッと掃除ができるよようにしています。

ショートカットにし、ドライヤーのコンセントまでこの状態。
最大の時短!!

気持ちのゆとりは、こんな小さなことにも大きく関係しています。



2つ目は、TVの掃除をマメにできるようになりました。

e0363147_19042023.jpg

TVの後ろの壁にハンディーモップを吊り下げたら、まーこれもすぐに手に取って掃除ができるようになりました。

観葉植物に水をあげるタイミングで一緒に掃除が済んでしまいます。

横から見ると、こんな感じ。

e0363147_19043861.jpg

柄まで真っ白のハンディーモップ
をセリアで見つけたんです!

壁のビニルクロスと同化させ、目立ちにくくしたかったので、うれしい発見でした。

TVに吸着したホコリはもちろん、観葉植物の葉っぱにすぐにのるホコリまで、ついでに掃除ができてしまいます◎

e0363147_19051786.jpg

手が届きやすい上の方に下げることで、ヨッコラショと取らなくてもよく、たったこれだけのことですが、掃除がしたいと思った時に、ムリのない姿勢で、道具を取れるって、本当に重要!!

e0363147_19044910.jpg

しかも、洗えるモップ

消耗品を買い足すストレスがないので、ゴミも出ず、コストもかからずエコなところが更に◎



ずーっとずーっと気になっていたこの2つは、ほんの小さな改善ですが、換気扇の掃除より、私にとっては大切なことでした(笑)

年内に改善ができて、スッキリしました!!

残った家仕事は、年明けのできる時にすればよいかな~と思っています。


昨年末に始めたブログですが、1年間、たくさんの方にお読みいただき、ありがとうございました。

来年もまたゆっくり書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、どうぞよいお年を。






[PR]
# by itorabo | 2017-12-28 20:00 | | Comments(0)

住まいづくり研究所「イトラボ」のブログ


by イトラボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28